ポッキリ物件

賃貸物件を借りるには一般的に下記の費用が必要です。

礼金
入居月の賃料
保証会社費用
保険会社費用
鍵代金等
仲介手数料

悪質な業者はこれに加えて殺虫費用と称する効果が不確かな費用も請求します。 
弊社ではオーナー様に協力いただきすべて含めて5 万円ポッキリの物件を用意いたしました。

賃貸仲介手数料 0

最近多くの不動産会社がやっていますが同じ手数料無料でも内容は弊社と他社では中身が違います。他社は借主からはもらわないが貸主からの手数料が多い物件を優先して薦め本来借主が求めている物件は出てこないことがあります。多くの駅前の地上店舗では家賃も高く集客ができる分営業マンを多く抱えなくてはならず相当数の成約件数をこなさなくてはならなくなりおのずと貸主から手数料が多く出る物件に誘導することにならざるをえません。どういうことかというと手数料を多く払わなくてはいけない物件というのは基本的に決まりにくい物件です。その結果、強引な営業がまかり通り本来の良い物件を紹介するという本文から外れるようになります。

弊社はもともとネット反響のみで営業しており私とスタッフ二人ですので維持経費も少なく以前から仲介手数料は借主様からはいただいていませんでしたが今後は非対面営業を積極的に進めたいと思います。

管理料 0 宣言

借主様からの手数料無料に加えて貸主様の管理料を無料で管理いたします。従前は借主から集金し督促業務を行い集計しオーナー様に送金していましたが現在はその部分は保証会社で補えるようになり、まずはこの部分のコストをカットすることができます。

クレーム対応についても保険会社等が 24 時間対応の水回り夜間対応等を始めています。従来は自社のスタッフで当たっていたことも外部で行えるようになりこの部分もコストカットできるようになりました。弊社では原状回復費用も弊社が手数料をいただくことはないので多くのコストカットが可能です。

今まで多くの募集コストがオーナー様にはかかっていたと思われますが弊社ではオーナー様の負担は仲介手数料半月分+管理業務委託費半月分=合計賃料一ヶ月のみで一切の管理を引き受けることができます。(他社仲介分を除く)

売買手数料を物件価格の2%にします!

     不動産売買の手数料は売主買主に対して下記を上限として認められています。
      物件価格 200万円まで                      物件価格×5%
           200万円から400万円まで  物件価格×4%
           400万円から1000万円まで 物件価格×3%
   簡易な計算法として物件価格400万円以上の場合 物件価格×3%+6万円で計算されます。
  これに消費税課税業者の場合、10%プラスした金額が上限ということになります。
  これはあくまで上限であり必ず払わなければならないものではありません。
  ただほとんどの業者では値引きをしていません。なぜでしょう?
  それはそれを前提とした経営となっているからです。
  まず、このネットの発達した時代でも新聞折り込みの広告と郵便受けへの投函は今も変わらず行われています。
  それと構造的に営業の給料が高額の歩合制であることが影響しています。
  具体的には会社によりますが、手巻きのチラシを投函し広い店舗を持っているところ、チェーン店に加盟しているところなど
  固定経費が高いところは手数料の値引きはやろうとしてもかなり難しいでしょう。
  値引きができる根拠として固定費が少ないこと広告料、人件費がかからないことが前提となります。
  弊社ではむやみやたらに折り込み広告投函をせず、まずはネット中心の広告を行います。
  そのうえで高齢者が多くネット環境の少ないことが予想される地域などはピンポイントで営業を行い徹底的に効率を追求します。
    内見方法も今までのように送り迎えの至れり尽くせりではなく全天球カメラを利用した3D画像とオンライン応対を中心とした
     販売方法を構築しています。